大田区発の地域包括ケアシステム-おおた高齢者見守りネットワーク(みま~も)

文字サイズ:
2017.3.15わがまちの未来に専門職ができること
  • 2月26日(日)とちぎソーシャルケア学会に、講師として参加させていただきました。

    担当者の方から、チラシを作成するにあたり講演のテーマを教えてほしいという連絡が入る。

    私はこの学会用にこのテーマを送りました。

    「わがまちの未来に専門職ができること!」

    本来専門職は、個別支援を業とするもの。自分の専門を必要としている「人」に対して専門性をもって支援を提供するもの。

    でも今日は、私たち専門職がかかわる人が暮らす「まち」に、私たち専門職が何ができるかを考えましょう。

    私たちがかかわる人が暮らす「まち」にできることを・・・。

    支援は必要です。大切です。

    でも、支援だけで生きているわけではないですから・・・。

    その人の暮らしは「まち」の中にあるんですから・・・・。

    かかわる人が暮らすまちの未来に、私たち専門職ができることは何なのか?

    必ずあるはずです!私たちに、いえ、私たち専門職だからこそできることが・・・・!

     

    みま~もと宇都宮に到着!

    2017-02-26 11.28.56
    2017-02-26 11.32.35

    新幹線改札に、なんと担当の方が迎えに来てくれていました!
    しかも・・・、プラカードを持って  (#^^#)

    2017-02-26 11.30.21 2017-02-26 11.30.44

    会場のとちぎ福祉プラザに到着!福祉関係の機能が集まる総合施設です。

    2017-02-26 11.51.10 2017-02-26 12.02.27

    まずは、講演後のシンポジウムで登壇される方々と打ち合わせ。

    2017-02-26 12.36.10

    栃木県のソーシャルワークに携わる方々が多数参加してくださいました。
    基調講演:「わがまちの未来に専門職ができること~地域包括ケア時代の専門性とは何か?~」

    2017-02-26 13.04.06 2017-02-26 13.08.27

    第2部シンポジウムが始まりました。
    「社会福祉専門職は、地域支援を図るために何をなすべきか?」

    2017-02-26 15.27.05
    2017-02-26 14.45.57

    ゆいの里 飯島さんもシンポジストとして登壇!やっと飯島恵子さんの話を聴くことができました。

    2017-02-26 15.15.18

    参加した皆さんと記念撮影

    2017-02-26 14.38.09

    飯島恵子さんとツーショット!

    2017-02-26 14.39.29
    2017-02-26 16.23.55

    学会終了後、懇親会前に行きたかった「宇都宮餃子館」へ!

    2017-02-26 17.06.27 2017-02-26 17.22.33

    栃木県の皆さん、お疲れ様でしたぁ~!

    2017-02-26 17.43.58

    事業所: 全体

    カテゴリー:
    Pocket
    LINEで送る

    コメントを残す

    CAPTCHA


事業所別によむ
  • 大森 (140)
  • 蒲田 (39)
  • 全体 (279)