大田区発の地域包括ケアシステム-おおた高齢者見守りネットワーク(みま~も)

文字サイズ:
2009.12.26あれから1年・・・
  •  今年もあとわずか・・・。
     1年間突っ走ってきた疲れが出たのか?じつは私・・・、一昨日から強烈な風邪に見舞われています・・・。インフルエンザではありませんのでご安心ください。ただ、下痢がひどいんです。入れれば出て、入れれば出て、水分も摂れないほどです 病院 jumee☆faceA121
     おかげで、鏡で自分で顔を見てもわかるほどげっそり アップロードファイル 参りました・・・。明日は、病院で点滴ですかねぇ~。
     今日も一日休みました。療養しながら、以前のブログを読んでいたら、ちょうど1年前の自分が、こんな事を書いていました。
              ↓
    〔存在すること〕
     自分がこの世界に入って10年以上が過ぎている。気がつけば、この福祉業界で自分よりあとにこの世界に入ってきた人、自分より若い人が多数を占めるようになってきています。
     「いつまでも、そのままでいてくださいね」、「どこかにいなくならないでよ!」、「つまんない人にならないでね」、「相談に行っていいですか?」、「倒れないでね」、「タバコやめなさい!」
     最近このような言葉をみなさんからもらうことが多く感じます。
     皆さんがこんな自分を大切に慕ってくれていることを実感しています。慕われることはうれしい反面、正直プレッシャーも感じます。 
     「変わらずに、このままで、揺らがずに、いつもそばにいるよ・・・。そう、変わらずに・・・」
     この言葉を相手に発する重みを、いま感じています・・・。
     地域の中で、この業界の中で、専門職の仲間の輪の中で、変わらずに、ここの場に、このような自分のまま居続ける・・・。
     まわりは、激動の渦のように制度や、価値観や、人が変わっていく・・・。
     その中で、いつも同じような存在で居続けるということは、正確には変わらないのではなく、世の中の変化に合わせて自分も変化させていくんです。
     人工衛星だって、地上から見れば止まっているのですが、正確には、地球の自転の速度に合わせて回っているから止まっているように見えてるんですよね。
     激動の状況の中で、敏感に状況を把握し、どんな変化の中でも、ギアチェンジし対応できる自分の考えを持ち続けるということ。
     この努力があって、初めて変わらないでいられる自分であり続けることができるんだと思います。
     そのような気力を持ち続けることが自分に可能なのか・・・???このまま、どんなに時代が変わろうとも「大切なものは大切!」と言い続けることができる自分でいられるのか?
     
     今のまま、みなさんが私に求めてくるものを受け止める。
     そして肩を「ポンッ!」と叩くように、元気づけることのできる自分で居続ける。必要とされる限り、みなさんが思い描く自分で存在することができるのか・・・?
     その努力を自分に強いることが、正直しんどいんですよね。しかし、やらなければいけません!もう少し、努力を続けなければいけませんね。

     あれから1年が経ちました・・・。ちょうど1年です。果たして変わらない自分で歩んでこれたのでしょうか?
     「おおた高齢者見守りネットワーク」を発足して、必死に「何とか形作ろう」と歩んできた1年前。
     今年は、形作ってきたものが、多くの人たちに広がった1年でした。
     「地域づくりセミナー」・「みま~もレストラン」・「SOSみま~もキーホルダー登録システム」、多くの方たちが関わり、活動に柱ができました。
     来年は、大田区の助成を受け、NPO団体として大田区全域を視野に活動を広げていく1年になりそうです。活動がどんなに広がろうと、変わらずに、揺らがずに、「大切なものは大切!」と、地に足をつけた活動をしていこうと思います。
    同じ場所で、一つひとつ丁寧に、心を込めて創り上げていく・・・。
            ↓
    P1080708.jpg
    だからこそ、できあがったものには、言いようのないぬくもりと暖かさが伝わってくるのです・・・。物を作り上げるのも、人と何かを創り上げるのも、この点では一緒なんですよね・・・。
            ↓
    DSCN3380.jpg

    事業所: 未分類

    カテゴリー:タグ:
    Pocket
    LINEで送る

    コメントを残す

    CAPTCHA