大田区発の地域包括ケアシステム-おおた高齢者見守りネットワーク(みま~も)

文字サイズ:
2011.7.8手をかけるからこそ愛おしく思う。
  •  今日は、午前・午後と「おおた高齢者見守りネットワーク」に協賛企業が新たに加わった。
     午前中に事務所に訪れたのは、皆さんもよく知っていると思いますが、お仏壇の○○○社 Sさん。
     「おててのしわとしわを合わせてナームー・・・」で有名ですね  
     話しは、今、みま~もステーションで取り組んでいる「写経の会」へ!
     お仏壇の○○○では、1年半ほど前に鶴見にあるお寺さんと連携して、花の絵を塗る写経を行なっていたそうです。
     「ぜひ、やりたぁ~~~~~~い!!」
     すると、担当のSさん
    「在庫があるか確認してみます・・・  」
     Sさんの仕事は、仕事は葬儀の事前相談。無料で24時間365日対応しているそうです。
     午後は、不動産事業を中心に、最近ではグループホーム、高専賃を運営。紹介事業も行なっている企業のNさんがやってきた。○○ッ○ハ・ウ・ス  のコマーシャルが有名ですね。
     話しは、来年度の法改正に向けた『住まい』のあり方。今後、法改正に向けた情報交換をしていくことを話し合った。
     どの協賛企業、事業所にも、その相手のフィールドがある。
     そのフィールドで向き合い、一致点を見出していくことを私は大切にしています。
     高齢者を支えるネットワーク構築、そして、大きくは町づくり。その視点に立てば、どんな人、どんな団体とも、手をつないでいくための一致点は見えてくるはず!
     一致点が見出せたら、ともに具体的に動く!
     一致点を見出し、その一致点に向かい、協力して動くことで共感が生まれます。そこまでできて、本当の意味での連携・協働なんですよね。
     私たちの会は、協賛企業、事業所の協賛費で会を運営しています。
    だからといって、お金だけ出してもらったって、会への理解が深まることにはつながらない。
     関わってもらうことで、この会が、協賛企業にとって、どんな効果があるのか初めて実感とともに理解してもらえるんです。 
     来週の土曜日、7月16日は、14時から地域づくりセミナーがあります。 
     この新たな二つの協賛企業のSさん、Nさんも、他のメンバー同様12時の準備から来てくれます。
     一緒にひとつのことの成功に向けて具体的に動く、参加する。そこで生まれる関係性こそ、本当の意味での実践的なネットワークに進んでいくんです。
     私が夏の暑い日になると必ず行きたくなる大森のラーメン屋さん。
     そこの看板メニューのレバーラーメン(ともえ麺)!スープも残さず飲み干したくなる、本当においしいラーメンで夏バテよ吹っ飛べぇ~~~~~!
             ↓ 
    P1090096.jpg
    P1090094.jpg
    P1090098.jpg

    事業所: 未分類

    カテゴリー:タグ:
    Pocket
    LINEで送る

    コメントを残す

    CAPTCHA