大田区発の地域包括ケアシステム-おおた高齢者見守りネットワーク(みま~も)

文字サイズ:
みま~もからお届けする最新ニュース一覧です。メディア掲載情報などもご紹介します。
みま~もニュースNEWS

みま~もからお届けする最新ニュース一覧です。メディア掲載情報などもご紹介します。

  • 2017.12.7

    認知症の社会的処方箋 認知症にやさしい社会づくりを通じた 早期発見と早期診断の促進に向けた白書

    みま~もの取り組みが、『 認知症の社会的処方箋 認知症にやさしい社会づくりを通じた 早期発見と早期診断の促進に向けた白書 』に取り上げられています。( P95~97 )
    どうぞご覧ください。

    認知症の社会的処方箋 認知症にやさしい社会づくりを通じた早期発見と早期診断の促進に向けた白書

     

     

    【 みま~もを支える2つのネットワーク 】

    みま~もは二つのネットワークによって見守りネットワ ークを構成している。一つは「支援のネットワーク」で ある。

    これはまさに地域包括ケアシステムそのもので あり、医療・介護・保健・福祉などの専門職による包括 的かつ継続的な支援のための専門職人材のつながり の構築である。

    もう一つは「気づきのネットワーク」だ。 これは、地域住民の普段のつながりの中で、あくまで もさりげなく、高齢者の異変に気づき、「支援のネット ワーク」につなげるようにするためのつながりを形成 することである。

    友人やご近所同士、町内会、老人会、商店街や金融機関などのサービス業に従事する人々 が「気づきのネットワーク」の構成員である。当事者の 個人の変化は、その人と昔からの関係がなければ気 づくことはできない。そして、その気づきを専門職の 支援につなげて、初めて持続的な支援が可能にな る。支援と気づきの二つのネットワークを連携させて こそ、住民と専門職が主体的に関わる支援の輪が構築 される。

     

    【 認知症も地域のネットワークの中で 】

    みま~もでは現時点で、認知症に特化した取り組みを していない。

    それは認知症に伴う問題の解決の前提と して、地域づくりがあるからだという。

    専門職が突然地 域住民の中に入り込み認知機能検査などをしようとし ても、ほとんどの人は受診の勧めに応じない可能性が ある。

    認知症に対しても「気づきのネットワーク」がまず重要である。構築してきたネットワークの中で、周囲 が変化に気づき、専門職へつなぐことで、早期の診断 やケアを始めることができる。

    そして認知症と診断され ても、専門職のサポートを受けながら暮らすことがで きる。

    日本の高齢化は、認知症だけではなく、孤立高 齢者の問題なども含め、さまざまな問題が複雑に絡み あう。

    このような状況の中で、高齢者を包括するネット ワークの構築は、個々の問題に対して、地域づくりという観点から包括的に対応することを目指している。

     

    2017-09-15 12.08.00

    認知症の社会的処方箋 認知症にやさしい社会づくりを通じた 早期発見と早期診断の促進に向けた白書
  • 2017.12.5

    最新介護経営 介護ビジョン 11月号!

    最新介護経営 介護ビジョン 11月号!

    特集:『 つながる介護事業者の新たな輪(ネットワーク)』
    ~”支える側”にも”支えられる側”にもなれる地域社会に~

    みま~もサポーターの母さんたち、カドヤ建設常務取締役・大森柳本通り商店街 副理事 野口 晃一 さんが語っています。

    最新介護経営 介護ビジョン 11月号!特集記事はこちらをご覧ください。

    JMP_CareVision_201711

    cvn1711b

    最新介護経営 介護ビジョン 11月号
  • 2017.12.5

    最新医療経営 フェイズ3 11月号

    日本医療企画『 最新医療経営フェイズ3 』11月号

    特集:医療×企業×地域でつくる わがまちの医療多種多様な地域に合わせて支える(東京都大田区)。

    みま~も協賛事業所・みま~もサポーター・地域包括支援センター入新井 センター長・当院 荒井理事長 の座談会が実現!

    テーマは、医療・介護、住民がつくる地域見守りの仕組み」!
    特集ページはこちらでご覧ください。

    JMP_Phase3_201712

    phase1711b

    最新医療経営 フェイズ3 11月号
  • 2017.11.13

    Dr 森田の医療・介護お悩み相談室!!

    20171112203002

    「僕は、澤登さんの話を初めて聞いた時、そのあまりにすごい取り組みの連続に驚愕し、正直なところ(恥ずかしながら)にわかには信じることができませんでした。なぜならそれらは、僕が知っていた他の地域包括支援センターの仕事とは、遥かに次元の違うものだったからです。」

    Dr 森田がみま~もを徹底分析!

    地域包括ケアのあり得ない巨星!澤登久雄の偉業とは?

  • 2017.11.6

    季刊 solasto 秋号

    医療と介護をつなぐ情報誌 『 季刊ソラスト 』

    シリーズ 「ドキュメント・ザ・多職種連携 ~医療・介護を地域と結びつけるため専門職と住民の出会いの場を創出~」に、みま~もの取り組みが紹介されています。

    2017-11-06 11.06.29

    ドキュメント・ザ・多職種連携
  • 2017.8.1

    月刊介護保険 8月号

    月刊介護保険8月号巻頭カラー!
    「地域包括ケアは社会参加から~高齢者見守りネットワーク(みま~も)~」

    月刊介護保険にて、みま~もの特集を掲載してもらいました。
    元気かあさんのミマモリ食堂・みま~も公園での取り組み、そしてみま~も10年の歩みを経て、全世代対象対応型居場所「おおもり語らいの駅」事業がめざすこと!

    盛りだくさんな内容です。
    この記事を書くために足を運んでくれた記者さんは、大田区在住のママさん。今では「優森(ナチュラル)食堂」の常連さんになっています (^_^;)

     

    20294500_1361720247256576_837541286767880088_n

    月刊介護保険8月号
  • 2017.6.21

    平成 28 年度「地域保健総合推進事業」報告書

    日本公衆衛生協会

    平成 28 年度「地域保健総合推進事業」ソーシャルキャピタルを活用した地域保健対策の推進について報告書

    ~事例 集及び 事例 から明らかになったソーシャル キャピタルを活用した地域保健対策推進 のため施策方向性 と実践の ヒント ~

    P26~31ページに、みま~もの取り組みが紹介されています。

     

    http://www.jpha.or.jp/sub/pdf/menu04_2_h28_05.pdf

  • 2017.5.27

    ウェルケアカフェ 「集合住宅で暮らし続けるために必要な~もの・こと・人・場所~」

    医療や福祉分野の専門職、民間企業、行政機関が連携して、地域の高齢者の安心・健康をテーマに大田区で活動しているのが「おおた高齢者見守りネットワーク」です。
    今回は大田区地域包括支援センター入新井センター長 澤登久雄さんに同組織の活動について教えていただきました。

    ウェルケアカフェ 「集合住宅で暮らし続けるために必要な~もの・こと・人・場所~」

    20170330_09