大田区発の地域包括ケアシステム-おおた高齢者見守りネットワーク(みま~も)

文字サイズ:
みま~もからお届けする最新ニュース一覧です。メディア掲載情報などもご紹介します。
みま~もニュースNEWS

みま~もからお届けする最新ニュース一覧です。メディア掲載情報などもご紹介します。

  • 2017.12.5

    最新医療経営 フェイズ3 11月号

    日本医療企画『 最新医療経営フェイズ3 』11月号

    特集:医療×企業×地域でつくる わがまちの医療多種多様な地域に合わせて支える(東京都大田区)。

    みま~も協賛事業所・みま~もサポーター・地域包括支援センター入新井 センター長・当院 荒井理事長 の座談会が実現!

    テーマは、医療・介護、住民がつくる地域見守りの仕組み」!
    特集ページはこちらでご覧ください。

    JMP_Phase3_201712

    phase1711b

    最新医療経営 フェイズ3 11月号
  • 2017.11.13

    Dr 森田の医療・介護お悩み相談室!!

    20171112203002

    「僕は、澤登さんの話を初めて聞いた時、そのあまりにすごい取り組みの連続に驚愕し、正直なところ(恥ずかしながら)にわかには信じることができませんでした。なぜならそれらは、僕が知っていた他の地域包括支援センターの仕事とは、遥かに次元の違うものだったからです。」

    Dr 森田がみま~もを徹底分析!

    地域包括ケアのあり得ない巨星!澤登久雄の偉業とは?

  • 2017.11.6

    季刊 solasto 秋号

    医療と介護をつなぐ情報誌 『 季刊ソラスト 』

    シリーズ 「ドキュメント・ザ・多職種連携 ~医療・介護を地域と結びつけるため専門職と住民の出会いの場を創出~」に、みま~もの取り組みが紹介されています。

    2017-11-06 11.06.29

    ドキュメント・ザ・多職種連携
  • 2017.8.1

    月刊介護保険 8月号

    月刊介護保険8月号巻頭カラー!
    「地域包括ケアは社会参加から~高齢者見守りネットワーク(みま~も)~」

    月刊介護保険にて、みま~もの特集を掲載してもらいました。
    元気かあさんのミマモリ食堂・みま~も公園での取り組み、そしてみま~も10年の歩みを経て、全世代対象対応型居場所「おおもり語らいの駅」事業がめざすこと!

    盛りだくさんな内容です。
    この記事を書くために足を運んでくれた記者さんは、大田区在住のママさん。今では「優森(ナチュラル)食堂」の常連さんになっています (^_^;)

     

    20294500_1361720247256576_837541286767880088_n

    月刊介護保険8月号
  • 2017.6.21

    平成 28 年度「地域保健総合推進事業」報告書

    日本公衆衛生協会

    平成 28 年度「地域保健総合推進事業」ソーシャルキャピタルを活用した地域保健対策の推進について報告書

    ~事例 集及び 事例 から明らかになったソーシャル キャピタルを活用した地域保健対策推進 のため施策方向性 と実践の ヒント ~

    P26~31ページに、みま~もの取り組みが紹介されています。

     

    http://www.jpha.or.jp/sub/pdf/menu04_2_h28_05.pdf

  • 2017.5.27

    ウェルケアカフェ 「集合住宅で暮らし続けるために必要な~もの・こと・人・場所~」

    医療や福祉分野の専門職、民間企業、行政機関が連携して、地域の高齢者の安心・健康をテーマに大田区で活動しているのが「おおた高齢者見守りネットワーク」です。
    今回は大田区地域包括支援センター入新井センター長 澤登久雄さんに同組織の活動について教えていただきました。

    ウェルケアカフェ 「集合住宅で暮らし続けるために必要な~もの・こと・人・場所~」

    20170330_09

  • 2017.3.13

    集合住宅で暮らし続けるために必要なもの・こと・人・場所

    UR都市機構は、少子高齢化への対応、地域包括ケアシステムの構築に資するため、UR 賃貸住宅団地を含む地域一体で、地域の方々と連携・協力し、支えていく『地域医療福祉拠点化』の取組みをすすめています。
    このたび、医療・福祉の現場で働いている方、今回のテーマについて興味のある方を対象とした「UR都市機構ウェルフェアカフェ」を実施し、「UR団地における地域医療福祉拠点化の取組み紹介」や『おおた高齢者見守りネットワーク(みま~も)』の発起人である澤登久雄氏による講演、そして『未来をつくるkaigoカフェ』代表である高瀬比左子氏をコーディネーターとしてお迎えし、グループディスカッションを行いました。

    UR都市機構ウェルフェアカフェHPはこちら

    「集合住宅で暮らし続けるために必要なもの・こと・人・場所」

     

    20130313_11

  • 2017.2.22

    市民科学研究室 みま~もヒアリング報告

    NPO法人 市民科学研究室で、みま~もの取り組みが紹介されました。

    こちらをご覧ください。

    健康まちづくりヒアリング報告 みま~も

     

    mimamotop-780x439[1]