大田区発の地域包括ケアシステム-おおた高齢者見守りネットワーク(みま~も)

文字サイズ:
2017.5.4グランド・オープン!!
  • みま~もを取り組んで10年。
    地域共生社会の実現に向けた新たな事業「おおもり語らいの駅」は、私にとっても大きなチャレンジでした。

    みま~も型ネットワーク構築のシステム理論・ノウハウを取り入れることにより、新たな取り組みを一からつくることは可能なのか?

    みま~も型ネットワーク理論とは、

    1.支援を必要とする人に早期に関わるためには、支援のネットワーク(専門職・行政機関連携)と気づきのネットワーク(支援を必要とする人と日常的につながっている組織・団体のつながり)が必要。

    2・地域全体で面的に支える仕組み・システムが必要。一つの事業を実施するためには、3者以上の組織間連携を意識する。(1団体で取り組んでは「点」でしかない。2団体では「線」、3者以上になることで初めて「面」となる。)

    3.連携し事業を進めていくことにより、相手の組織にも自組織にもメリットがある「WIN-WIN」の関係を構築しなければ、事業は長続きしない。

    4.主体をつくるためには、お客さんをつくらないこと!やらされ感では主体は育たない!

    「おおもり語らいの駅」は、このみま~もの今までのノウハウをすべて投入し、高齢者だけではなく、地域に暮らすすべての人を対象に取り組みます。

    病院が、けがや病気を治すだけでなく、地域住民の健康を支える場に!
    未来をつくる子どもたちに、地域に暮らす高齢者や専門職たちが残すべきものを形づくる場に!

    5月8日、おおもり語らいの駅グランドオープンです! (^_-)

    5月A3チラシ

    日本茶セット
    2017-05-02 14.53.25

    語らいブレンドコーヒー
    2017-05-02 12.53.01

    語らいマフィン
    18221726_655893214612244_5940315192606268372_n[1]

    語らいまんじゅう
    18301566_655890947945804_1558479490141409315_n[1]

    優森(ナチュラル)食堂
    18194991_655885851279647_8472896329226523622_n

    事業所: 全体

    カテゴリー:
    Pocket
    LINEで送る

    コメントを残す

    CAPTCHA


事業所別によむ
  • 大森 (140)
  • 蒲田 (39)
  • 全体 (279)