大田区発の地域包括ケアシステム-おおた高齢者見守りネットワーク(みま~も)

文字サイズ:
2016.6.26ズット、ミマモッテイタンダヨ
  • ある日、

    締め切りの仕事があり、一人事務所で黙々と仕事・・・・。

    「そういえば、おおた高齢者見守りネットワーク(愛称:みま~も)を立ち上げて9年目・・・。毎年この時期にはいつも締め切りに追われていたなぁ~。」

    こんなことを思い出しながら、最終仕上げ。

    「終わったぁ~~~~~!さぁ、帰ろう」

    奥の部屋の電気を消して、窓口のある部屋の電気を消し、玄関へ向かおうとすると、

    「ぱたりっ!」 と、何かが倒れる音がした。

    音がした方を見ると、窓口の机に置いてあるみま~もくんが倒れていた・・・。

    「あらあら・・・・、」

    真っ暗な相談窓口の机の上に、前のめりに倒れているみま~もくんを非常灯の緑の光が灯している。

    倒れているみま~もくんを元に戻そうと、みま~もくんを抱きあげた時・・・・、

    「ズット、ミマモッテイタンダヨ・・・・」

    どこからか、こんな声が聞こえたような気がしました。

    その日の夜、夢を見た・・・。

    みま~もを発足してから今までの出来事が、走馬燈のように次から次へと現れては消えていく・・・。

    ・おおた高齢者見守りネットワーク発足会、集まった15名で盛り上がる。
    「こういう活動には、キャラクターが必要だよね。名前は何がいいかなぁ?まもる、まもりん・・・、うん!みま~もがいい!」
    会場はダイシン百貨店 内の『レストランカシュカシュ』。柱の横で、みま~もが恥ずかしそうに笑っている。

    ・地域包括支援センターとして、このような活動を新たに行うために担当課に一人出かけた。そこで担当課係長に言われた言葉。
    「澤登さんのセンターだけで、ほかの包括支援センターには協力を求めず、澤登さんの責任で行うのなら取り組んでいいですよ!」
    打ちのめされた気分で区役所を出る。 「どうやって、仲間に今のことを報告しよう・・・」 と、重い足取りで蒲田駅へ向かう私の横には、みま~もくんが心配そうに私を見つめていた。

    ・ 「私たちこの地域で働く専門職たちは、このようなキーホルダー登録システムというものをこの地域で始めたいと思っています!力を貸してくれますか?」
    セミナーに参加していた地域住民から大きな拍手が起こった。その会場の後ろで、参加者と同じように拍手をしているみま~もがいた。

    みま~もを取り組んできて、この8年間を振り返って、「キセキ!」としか思えないようなことがある。

    でも、キセキなどではなかったんですね。

    みま~もが、ずっと私たちを見守っていてくれたんです。

    これからも、この地域の専門職たちを見守ってくれるものがある。応援してくれている人がいる。だから大丈夫!そうだよね、みま~も!(^_^)v

    夢の中ではね、この続きがあるんです。みま~もくんに、弱音や愚痴をいっぱい聞いてもらっちゃいました。8年間の中で1回だけ、そんなことがあってもいいですよね。

    内容は・・・・、みま~もと私だけのヒ・ミ・ツです・・・・。

     

    プレゼンテーション1 251215postertoexport1356188

    事業所: 全体

    カテゴリー:
    Pocket
    LINEで送る

    コメントを残す

    CAPTCHA


事業所別によむ
  • 大森 (140)
  • 蒲田 (39)
  • 全体 (279)