大田区発の地域包括ケアシステム-おおた高齢者見守りネットワーク(みま~も)

文字サイズ:
2016.6.21ツールが必要!
  • 人や組織が有機的につながるためには、つながるための『ツール』が必要です。

    「協力し合いましょう!」、「連携しましょう!」・・・、

    こんな言葉をいくら並べて唱えても、つながるための具体的なツールがなければ絵空事で終わるだけ。

    何をするために協力するのか?何のために連携するのか?

    この「何を」、「何のために」がツールだと思うんですよね。

    例えばみま~もでいうと、『地域づくりセミナー』・『みま~もステーション』・『キーホルダー』・『フリーペーパー』等がツールなんです。

    ・『地域づくりセミナー』をツールに、講師である専門職と、参加者である住民と定期的につながる。

    ・『みま~もステーション』というサロン事業をツールに、様々な得意分野・専門分野を持つ企業や団体とつながる。

    ・『キーホルダー事業』をツールに、他の自治体や行政とつながる。

    ・『フリーペーパー みま~も』をツールに、手渡すことを通して住民と、内容を考えていく過程で専門職とつながる。

    みま~もでは事業の一つひとつすべてが、人と、組織とつながるためのツール!

    ツールで具体的につながり、ネットワークを地域の中に縦横に広げ、強化していく。

    みま~もの歩みはこのツールを通して、人と、組織と具体的にやることを明確にしてつながってきた歴史です。

     

    みま~もが年間2回、各10000部発刊している 『 フリーペーパーみま~も 』

    企画・編集は、協賛企業 「スターツ出版」が行っています。

    プレゼンテーション1

    次回、秋冬号の特集ページは みま~も体力向上委員会!

    この日は体力向上委員のメンバー全員に集まってもらい、スターツ出版ライターからインタビュー。

    P6200025 P6200026

    みんな緊張しまくり!もっとえ・が・お・で! (^_^;)

    P6200033 P6200035

    介護予防、運動に関わる大田区の専門職たち一人ひとりが、みま~もへの思いを語りました。

    P6200043 P6200045

    インタビューが終わって記念撮影。いつもの笑顔が戻りました (^_^)

    P6200050 P6200038

    事業所: 全体

    カテゴリー:
    Pocket
    LINEで送る

    コメントを残す

    CAPTCHA


事業所別によむ
  • 大森 (140)
  • 蒲田 (39)
  • 全体 (279)