大田区発の地域包括ケアシステム-おおた高齢者見守りネットワーク(みま~も)

文字サイズ:
2017.10.1包括よ!太陽であれっ!


  • どんな優れた政策も、下へ下へと下ろしていくうちにその理念は形骸化し、
    現場ではやらされ感と成果を出さなければという画一化した数値目標に追われてしまうという行政機関の中でよくありがちなパターン (^_^;)

    いつまでこれを続けていくのでしょう? 多くの現場は、トップダウンで下りてきたものを理念抜きに数値という目標達成のために邁進していく。

    まじめに取り組もうとすればするほど、無意識に、自覚なくお仕着せの地域づくりを住民、専門職に強いていってしまう。

    地域の中に「主体」を育まずして、地域包括ケアシステム構築の道筋など描けるはずがない。

    地域包括ケアシステムの中核を担う地域包括支援センター。

    今こそ、「しなければならない」という発想をかなぐり捨て、地域に暮らす人たちに協力を呼びかけるんです。みんなで力を出し合おう!元気になろう!輝こう!!

    みま~もの10年は、地域包括支援センターの可能性を広げるためのチャレンジだったような気がする。

    窓口にたどり着いた方の対応だけで手一杯では、本来の地域包括支援センターの役割を果たしていることにはならない。

    地域包括支援センターの本来の役割はコーディネート機能!
    人と人、組織と組織をつなぐ!



    つくづく感じる・・・。

    地域包括支援センターよ!

    強い風で、コートを力ずくで吹き飛ばそうとする北風ではなく、

    そのあたたかさとともに、 旅人自身が「コートを脱ごう!」 という気になることに力を注ぐ太陽であれ!と・・・。



     

    東海北陸ブロック地域包括・在宅介護支援センター研究協議会 富山大会出席のため、みま~もと富山県へ!

    プレゼンテーション12017-09-28 15_46_49

    初日懇親会に参加!小杉爆笑劇団の皆さんの熱演に大爆笑!会場は大盛り上がり!

    2017-09-28 17_51_24-2 2017-09-28 18_09_59 2017-09-28 19_24_16

    翌日、いよいよ本番!
    東海・北陸地域の地域包括支援センター・在宅介護支援センターの皆さんに、地域包括支援センターが生み出したみま~も型ネットワークを伝えましょう!

    2017-09-29 08_48_10
    2017-09-29 08_44_18

    「地域包括支援センターよ!太陽であれっ!」

    2017-09-29 09_25_27

    それにしても・・・、すごい人数です (^_^;)
    ここにいるみんなが、地域包括支援センター・在宅介護支援センター職員です。

    2017-09-29 11_44_23
    2017-09-29 09_00_46

    講演の後は、ワークショップ!
    富山・福井・愛知県の各地域包括支援センター代表が具体的取り組みを発表!
    テーマは、
    「地域ネットワークを構築するにあたり、壁にぶち当たったけどこうして乗り越えた・・・。
    今ももがいている。」

    2017-09-29 08_44_32
    2017-09-29 10_27_00

    どの地域包括支援センターもそれぞれの地域特性を分析し、窓口に来ることができた人のみに機能する対応のネットワーク(専門職連携)構築だけでなく、
    地域全体で支援が必要な人を地域全体で面的に支える仕組み、気づきのネットワーク構築に動き出していました。

    2017-09-29 11_49_33

    休憩時間と終了後、書籍「みま~ものキセキ」を販売!
    この二人のがんばりもあり、書籍販売コーナーは長蛇の列! (^_^;)
    本の収益は、みま~もの活動にすべて使わせていただいています。

    2017-09-29 08_39_29

    せっかくなので、すべての本にサインを書き込ませてもらいました (^_^;)

    2017-09-29 10_22_44 2017-09-29 10_25_11 2017-09-29 10_25_23

    サインには直筆みま~もと、この言葉を添えて・・・

    2017-09-28 21_58_14

    事業所: 全体

    カテゴリー:
    Pocket
    LINEで送る

    コメントを残す

    CAPTCHA


事業所別によむ
  • 大森 (140)
  • 蒲田 (39)
  • 全体 (279)