大田区発の地域包括ケアシステム-おおた高齢者見守りネットワーク(みま~も)

文字サイズ:
2012.3.1それ故に・・・
  •  大きな桜の木があった・・・。
     その場のどの木よりも、大きく枝葉を広げている・・・。
     故に、風雨にさらされ、嵐に叩きつけられ、その場のどの存在よりもわが身を傷つける・・・。
     この木があるから、地に咲く花や小さな草木が守られ、生き生きと育ちゆく。
     
     花が咲き、人が集う季節には、自らの両腕を精一杯広げ、心惹きつける。
     そして力尽き、花を落とすと、また1年後の花が咲くこの一瞬のために、残りの日々を耐えしのぐ・・・・。
     残りの日々のつらさ、傷つく様を見せることなく、ただその時期の己を見せるのみ・・・。
     
     そして、役目を終え、消えていく・・・。
     
     見えない部分を、見えない努力を知ることなしに、そのものの価値などわかるはずがない。大きく枝葉を広げるために、どんな日常があるのか・・・。
     すべてを言えればどんなに楽でしょう。
     物言わない木は、自分の価値を、自分の精一杯の努力を決して語ることはない。
     自分の枝葉に咲く、美しい花がすべて。それ以上でも、以下でもない・・・。
     私欲を持ち、枝葉を広げても花など育たない・・・。
     花を咲かす・・・、それ以外のものを見て、肝心の見えない部分を感じずに傷つけて何になる!
     枝葉を大きく広げた木は、傷つけなくとも風雨にさらされている分、自らの役目が終われば、自ら倒れ、土となる。
     その土の栄養で、また何か新しい生命が生まれるのでしょう。
     それだけの話し。
     
    P2403014080942.jpg 

    事業所: 未分類

    カテゴリー:タグ:
    Pocket
    LINEで送る

    コメントを残す

    CAPTCHA